新潟市の皮膚科 さくら皮膚科医院 新潟メディアシップ3F

新潟市中央区万代3-1-1
新潟日報メディアシップ3F TEL:025-245-1000 MAP

保険診療について

治りにくい皮膚病

白斑

従来の治療で治りにくい場合も、光線治療(エキシマライト、ナローバンドUVB照射装置)で効果を期待できることがあるので、まずは10回程度、週2回くらいのペースで照射してみることをお勧めします。

乾癬(かんせん)

各種外用剤を上手に使って症状をおさえていくことを目指します。それでも難治の皮疹には、光線治療(エキシマライト、ナローバンドUVB照射装置)で効果が期待できますので、まずは10回程度、週2回くらいのペースで照射してみることをお勧めします。爪乾癬にも効果が期待できます。また、光線治療と同時にはできませんが、期間限定で免疫抑制剤(ネオーラル)を内服して皮疹を消失させることが可能な場合もあります。採血で全身状態を確認のうえ、副作用に注意しながら内服していただくことになります。

最近使用できるようになったオテズラ錠は、副作用の点でネオーラルよりも格段に使いやすい内服薬です。高価ですが、軟膏塗りの煩わしさから解放されて喜んでおられる患者さんもいます。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

原因・増悪因子となりそうな、歯科・耳鼻科・内科領域の病巣感染や喫煙、金属アレルギーがあれば、それらを除去するとともに、現時点で生じている皮膚症状を抑えるべく全力を尽くします。光線治療(エキシマライト)も効果が期待できます。

円形脱毛症

正しい診断・病状評価のうえ、適切な治療法をご提案します。
2020年4月から、円形脱毛症に対する光線療法に健康保険が適用できるようになりました。ステロイド外用を3か月ぐらい行っても発毛がない場合には、週1~2回エキシマライトを照射するか、月1回ステロイド局注(脱毛しているところに注射)するか、ご提案することになります。

アナフィラキシー

蜂アレルギーでアナフィラキシーの危険がある方や運動誘発性食物依存性アナフィラキシーの方にはエピペンの携行をお勧めします。エピペンには使用期限がありますので、必要が生じた時点でお取り寄せして使い方をご説明し、院内処方でお出ししています。
救急対応は当院ではできません。